リフォームなら太宰府市悠ホーム~屋根の工事はおまかせ!~

悠ホームお問い合わせ|太宰府市、筑紫野市、春日市、大野城市でリフォームなら|悠ホーム 悠ホームお問い合わせ|太宰府市、筑紫野市、春日市、大野城市でリフォームなら|悠ホーム

サイディング(メンテナス)

サイディングは、経年劣化しにくいといっても、一生ものの壁というわけではありません。

窯業(ようぎょう)系と呼ばれる一般的なサイディングは、セメント質と繊維質により形成されています。そのため、サイディングの元となる材料には吸水性があり、防水性を保っているのは表面の塗装です。

つまり、表面の塗装の膜が劣化してしまうと、雨を吸収して劣化してしまうことがあります。その状態を放置してしまうと、建物自体の構造にまで大きな影響を与えることもあります。この塗膜の耐用年数は一般的に7年〜8年と言われています。

サイディングが劣化してくると、シーリングが剥がれたり、サイディングボードが反ったり、サイディングボード自体が剥がれたり、チョーキング(触った時に白い粉がつく)などの症状が現れます。このチョーキングが現れたら表面の塗装が剥がれているサインです。この状態では防水効果が薄くなっているということなので、再塗装などの修繕が必要です。

また、窯業系サイディングは蓄熱しやすい性質があるので表面に耐熱処理をしてあげることも重要です。室内を快適な空間に保つためには、外壁のメンテナンスを定期的に行いましょう。

悠ホームページトップ