リフォームなら太宰府市悠ホーム~屋根の工事はおまかせ!~

悠ホームお問い合わせ|太宰府市、筑紫野市、春日市、大野城市でリフォームなら|悠ホーム 悠ホームお問い合わせ|太宰府市、筑紫野市、春日市、大野城市でリフォームなら|悠ホーム

屋根のルーフィングについて!

屋根点検とき、ルーフィングに小さい穴や破れや痛みを見つけ心配になったり、

全面張り替えるか、一部張り替えるかと考えていらっしゃる方にルーフィングについてお伝えします。

屋根ルーフィングを敷く目的は、家の中に雨水の浸入を防ぐことです。

瓦、スレート、トタン、ガルバリウムなど屋根材で防水していると思われがちですが、

それは、間違っています。

普通の雨程度なら防水機能は果たせます。

しかし、暴風雨では、どうしても屋根材の隙間から雨水が、浸入してきます。

浸入した雨水はルーフィングの上を流れ、屋外にでるようにしています。

ルーフィングの穴や破れ、痛みなどで、雨漏れします。

ルーフィングには、アスファルトルーフィングと改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)

などがあり、アスファルトルーフィングは、フェルト状の原紙にアスファルトを染み込ませ、その両面に鉱物質の粉末を付着させたもの

アスファルトのイメージは道路を想像してみてください。

改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)はアスファルトに合成ゴムや合成樹脂を混ぜたもの

温度変化に強く、やぶれにくいのが特徴です。

今、よく使われているのは、改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)です。

新築はもちろんのこと、修繕工事でもよく使われています。

ゴムアスファルトルーフィングにもいろいろな種類があり、出来るだけお客様本人が、施工業者に、ルーフィングをさわらせてもらい

破れにくいかどうか、手でルーフィングを破らせてもらってください。

すぐに破れるようでしたら、違うゴムアスファルトルーフィングに代えてもらうことをおすすめ致します。

悠ホームページトップ